スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネシアのミドリイシ

09:53

己の力量を痛感し、


今後は難しいSPSは入れないぞ!


と心に誓い、こんな感じで新入海。


ネシアのよくわからん個体。

薄いグリーンにうっすらピンクが乗った感じです。

IMG_2558.jpg

IMG_2560.jpg



同じくネシアのスギ系。

IMG_2555.jpg

IMG_2564.jpg



フィジーのパープルスギ

IMG_2553.jpg


変わり映えしないけど全景。

IMG_2569.jpg


相当いじらないともう入れるとこないからしばらくは写真技術向上に努めますかね・・・





T5とZEOvitとミドリイシ

12:20

今年の3月にベルリンからリセット無しで ZEOvit を始めましたが、


イマイチ上手くいかず6月頭にリセットを敢行し、完全ZEOvit に移行して3ヶ月経過しました。


その後、照明を T5 に変更して1ヶ月半、事実をありのままに書き留めます。


まず、圧倒的な照度により、褐色化する個体はありません。


SPSの褐色化の要因は多々あろうかと思いますが、我が家の場合は 照度不足 が最大要因であったと思われます。


92wのシステムLED×2機 をメインに据え、スポットメタハラ150wを4発(いずれも集光)当てていましたが、


奥行60cmの水槽には足る訳もなく、というか、LEDしか当たってない所のSPSが主に褐色化しました。


素子のことなど詳しくないので、なんとも言えませんが、


CREE社 の素子であれば問題はないだろう。


この安易な気持ちで多くのSPSを褐色化、白化させてしまいました。


なにやら波長も幅広く、これはなかなかいいシステムLEDであろうという触れ込みでした。


その結果がどうだったかはこのブログを継続でご覧になってる方々はおわかりだと思います。



中途半端に始めた ZEOvit も良くないなぁ・・・と感じていたし、


リセットを機に T5 へ変更しました。



結果は非常に満足しています。



しかしやはり スーパー照明 という訳ではありません。



T5でも色の維持が困難なSPSはありますし、ZEOvitとの相性もあるのではないかと思います。


もちろんこれは我が家の水槽に於ける検証ですので、キーパーの経験の浅さ、知識・技術の無さも要因です。


SPS歴が1年しかない初心者ですので、手探り状態で日々奮闘しているところです。



そこで、 T5環境下 で私が思う 「困難なSPS」


・過度なパステルな個体


・白を基調とした個体



です。


過度なパステルな個体とは、先日 Aqualoversさん で購入した ピンク です。


201208_11_36_d0221436_21171280.jpg


これは一週間で色が抜け始めました。


全体に白っぽくなっていき、コケが付き始めました。


色抜けなのか白化なのか、判断も出来ない状態でしたが、


コケが着いたことから白化と判断し、水槽から出しました。


わずか二週間です。


ジャイアンさん、申し訳ないです。


こんなにキレイなSPSを腕の無さから・・・



最初はレイアウト上部に置いてましたが、色が抜け初めて来たので中場に移動しました。



でも色抜けは収まらず、日々ピンク部分が無くなっていきました。



もともとポリプも出しにくい個体で、状態が戻ることなく諦めました。



やはりこの手の色合いの個体は難しいんですね・・・



難しそうだとは思っていましたが、ここまで早くダメにしてしまうとは(汗



何がいけなかったのか?


どうすれば良かったのか?



答えは全くわかりません。


これも経験?を積めば少しづつ知識として蓄積されていきますかね・・・?





次に 白を基調とした個体 です。



仙台のペットショップ で買ったフィジーです。


入海時と現在の画像です。


その1

IMG_2231.jpg

IMG_2513.jpg



その2

IMG_2243.jpg

IMG_2510.jpg



その3

IMG_2245.jpg

IMG_2511.jpg






やはり入海した当初の水色系の色が抜けた感じです。


褐色化はしていませんが、全体に乳白色っぽく見えます。



先端が色付いてる個体や、色合いが微妙(ハッキリとしない色)な個体は概ね抜けてしまいます。



水槽の上から見るとしっかり色は乗っているのですが、正面からみるとその色合いが見えません。



やはり複雑な色合いのSPSはより多くの波長を要求しているのかもしれませんね。



青を少し強くした Kessil を当てるとすごくキレイに見えます(笑


恐らくSPSの個体が持つ 蛍光タンパク は残っているのでしょうが、


T5 の強すぎる白さのせいで、肉眼ではその色合いが見えていないと感じます。



これら個体は深めの水位に置いています。


波長が足りていないのかと思うので、もう少し上に置いてみようか考え中です。




色維持が出来ていない故に、T5では厳しい種類 のSPSと判断します。(あくまで個人的にw)




次に 明らかな色揚がり を見せている個体を。



スギ

IMG_2515.jpg


コモン

IMG_2544.jpg


カドエダ

IMG_2545.jpg


トゲ

IMG_2530.jpg


スゲ

IMG_2542.jpg


これらは システムLED で完全に褐色化しました。


今ではここまで戻っています。


これは T5 の功績だと感じます。



このように T5 もオールマイティではありませんし、やはり 功罪 はあります。



ZEOvitとの因果関係もあろうかと思いますが、現在の私の知識レベルでは全くわかりません(笑



ノルマ的に毎日シャカシャカ、ポタポタをしているだけです。



ただし色が揚がらない、戻らない個体を含め、ポリプは漏れなく全個体モジャモジャですので、



ZEOの効果 もあるとは思っています。



ミニミニさん のブログに SPSのポリプ食性 が詳しく書かれています。


簡単に言えば、


「褐虫藻に頼らずポリプ食性になればサンゴの色は綺麗になる。」


という理論です。



私はこの理論は正しいと思います。


現にミニミニさんのリーフタンクは T5、ZEOvit、サンゴへの給餌 でとてもキレイな状態です。



ミニミニさんもおっしゃっていますが、やはりサンゴと照明、システムには相性があると。



全く同感です。


出来るだけ T5 に合うSPSに集約し、ZEOvitでポリプ食性にする。


無理そうな種類は避け、己の飼育レベルに合った個体を入れる。




今後はこの点を守っていき、出来る範囲で色のバラエティを揃え、 ポール氏のようなZEOvit水槽 を目指したいと思います。



だからね、 目移りするような難易度高いフィジー はもう入れないでね ロッソ社長 (*゚▽゚*)


ネシアのお手頃SPSで十分ですから(笑


バリでルート開拓頑張ってくださいね~(´ー`)/~~





※相変わらず写真技術の無さが顕著ですみません・・・



 

Royal Exclusiv Bubble King Double Cone 250 Start Up !

11:38

4日間不在にしてるだけで皆さんのブログ更新もお盛んで、なんだか 「取り残された感」 が・・・


ネット世代ってこういう感覚が顕著なんでしょうね(笑



ジジイはマッタリとマイペースで更新して参りますよ。



先日から記事で書いています



Royal exclusiv Bubble King Double Cone 250



の水位やブレイクインですが、


動画を撮ってみました。


写真よりもリアルにわかりやすいかなと・・・


コレクションカップを清掃し、電源スイッチを入れるとこから



1. Start Up

2. 10分後

3. 1時間後

4. 2時間後



と四編になってます。


1. Start Up





2. 10分後





3. 1時間後





4. 2時間後





スタートアップ時の推移の低さをご覧いただけるかと思います。


これくらいじゃないと確実に 汚水 が溢れ、コレクションカップに溜まっていきます。


スキマーにも色々ありますが、語弊を覚悟で事実を書きます。




しょぼいスキマー : エアストーンタイプや、ハングオンタイプ


これらスキマーでは微細な泡は作れません。


故にネットリした泡ではなく、水分の多い、シャバシャバな泡です。


汚れを濾しとるというよりは、黄ばんだ汚水をコレクションカップに溜め、汚れが取れてる気分になってるだけです。


スキマーをしての機能はほとんど果たしていません。



つまり、せっかく微細な泡が作れる 泡王 などを使っても、この状態では5000円程度のスキマーと同じ機能しか果たせていません。


こうならない為に水位を動画くらい低くし、極限まで水分を無くした泡を筒の上部へ押し上げさせます。



1時間 もすれば泡が出来始めるのがわかると思います。



2時間後 には筒の淵に汚れが付着し始めます。


翌日には筒はもうまっ茶になります。




肝心なことは、泡が出来上がらないからと 焦って水位を上げない ことです。


泡をコレクションカップから 出来るだけ溢れさせない ことです。


薄い汚水がカップに溜まってる状態では機能していませんのでご注意を。


時間の経過と共に溜まっていくのは濃い茶色のドロドロした液体ですよ~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。