スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアトロニカの故障・・・

12:09

うちのCaリアクターの心臓部である 「アクアトロニカ・マルチテスター」 がここ一週間くらい何か変な状態が・・・


P2110917.jpg

この画像は正常時です。


リアクター排水の ph値は7.03 で Co2が添加されてる 状態です。



画像は撮ってないのですが、


マルチテスターの ph表示 が 12.~とか13.~ など有り得ない数値を示してました。


この数値は リアクターの排水 を読み取ってますので通常なら 6.30~6.80 くらいで推移してます。


phセンサーが狂ったかな?


と思って、2点校正しても直らず・・・



これは困った(>_<)



うちではこの機器を phコントローラー として使っているので、


ph 7.00 を超えるとCo2を添加するように設定してます。


つまり常にCo2が添加され続ける状態に陥りました(汗


何度も設定し直したり、センサーを校正してもダメ。


なので最終的にはマルチテスターの電源を切り、手動でCo2添加に切り替えました。


これにより水槽のCa値とMg値、KHが少し上がってしまいました(泣






新たに管理システムを組むかな・・・



アクアトロニカ と言えば あのお方 ですよね。


同じじゃつまらんし、ネタ的に許せない!


ってことでおいらはこっちで逝こうかな・・・


Baidu IME_2012-8-20_12-34-56


Baidu IME_2012-8-20_12-41-19


システム的にはアクアトロニカと同じですね。


いろいろなセンサーにインターフェイスを繋いで管理し、PCでもコントロールできると。



値段も大差ないし。



ただ日本では全く扱いがない・・・



つまり日本語マニュアルが皆無(汗



英語のマニュアルだとこういう複雑な機器は結構難しいと思います(汗



日本語でも意味わからんことあるのに・・・



有田さんもアクアトロニカの設定じゃ苦労したって言ってたもんな(汗



てことで踏ん切りがつかず、結局 MMCさん で修理することに・・・


このアクアトロニカは珍しく 正規モン でした(笑



本体には故障はなく、インターフェイスが壊れてたと・・・

これこれ

P2110919.jpg


破損品を送って、MMCさんが受け取ったその日の内に交換品を送り返してくださいました。


素早い対応に感謝です\(^o^)/


この手の精密機器はやっぱり正規モンが安心ですね(笑




Kessil A350W

09:50

takaさん が reef builders で記事にされてます


Kessil という名のLEDメーカー。



全然馴染みがないし、先日まで聞いたこともなかったです。



日本ではLSSさんで扱いが始まったようですね。



色んな海外のサイトを読んでみると、とても良さげです。



takaさんの記事 はこちら

   





チッコイの

M3-YH1111_1.jpg





デッカイのがありますが、


調光機能付きでなおかつスペクトルも幅広い


A350W というのをポチってみました。


これは広角でなんと140°の広さ!


1台でナント180cm水槽も照らせるそうです・・・


M3-YH1133_1.jpg



このLEDの素晴らしいところは、


マルチチップという球?素子?が一つしか付いてないんですが、そのチップとは

こんなんなってるそうです

kessil-a350-12.jpg


チップの中に多数の素子?チップ?が入ってて、たくさんの波長をカバーしてるとか・・・


これだけ色んな色の素子が近づいてるので素晴らしくブレンドされた光が出来るそうです。


システムLEDなんかだとどうしても素子と素子が離れてるからブレンドしにくいそうですね。


フルスペとまではいかないでしょうが、 T5の補助灯具 としては申し分ないですね!


しかもこんなスポット灯具でも2チャンネルのコントロールが可能とか。

kessil-a350-6.jpg



詳しいことはわからんしどうでもいいわ(笑


安いし、いいなら使ってみればいいやん(^O^)


これで値段はグラッシーレディオ2台分しかしません。安いもんだ・・・しかも 90w もあるし。


一見大きそうに感じましたがサイズを調べると


直径10cm程度!



今使ってる24wクラスのスポットLEDよりも小さいし!



今現在はゴチャゴチャと安物LEDが無駄に5灯もついとるからね・・・

IMG_2366.jpg

設置前からわかってたけどホントこのスポットLEDは邪魔でしょうがない・・・


デカくて重くて配線ゴチャゴチャになるし。



ということで、この Kessil を左右で2台つければもうバッチリでしょ!



っていうか、180w 追加か・・・


なんか本末転倒になってきた(汗


1台で済めば1台は売ればいいしまぁいいや。





こんなアームもあるし、角度調整とかは問題無し!

M3-YH1313_1.jpg


フランジ水槽に取り付けれるかが問題ですが・・・(汗



ま、なんとか色々やってみます。



到着したらレヴューします。




※追記

昨日の夕方ポチったら、たった今発送メールが来ました・・・

どんだけ仕事早いの(笑








悲しい出来事の顛末

10:00

先日お伝えした 悲しい出来事 ですが、顛末としては







有田海水さん がおいらのブログを見て直ぐにラブコールを・・・


「今ブログ見ましたよ( ̄▽ ̄)

シャレならんですね!? 私はどっちでもいいので交換しましょう!」



と、漢っぷり を発揮してくださってまたまた送っていただくことに・・・(大汗


しかしこのリアクター、 日田と仙台を1.5往復 してます・・・


無事に日曜日に届いてさっそく交換作業を。



IMG_2328.jpg

IMG_2326.jpg


う~ん、やっぱりこっちの方がスッキリでいいや(^O^)



有田さん、いつもいつもお世話になりありがとうございます<(_ _)> 




ミドリイシ from AQUALOVERS

11:27

昨日無事に ジャイアンさん から届きました。


早く開けたくて写真を撮るのを忘れたんですが、


梱包の素晴らしさは 特筆もの でした!


この時期の発送はショップさんとしては最も気を遣うところだとは思います。


保冷剤を入れたり、水量を多めにしたりと。



ジャイアンさんは当然そういう処置はされていました。



驚いたのは 全く水が漏れていない ことです。


大抵のショップさんは発泡BOXの中に新聞紙を敷くと思います。


どのショップさんも当然水漏れが無いようにしっかり梱包されてると思います。


が、


大抵の場合、量の多少はあるにせよ、新聞紙は濡れています。


酷い場合は発泡BOXの底に水溜りが出来てます。


ジャイアンさんは個別包装に今まで見たことない厚さのビニール袋を使われてました。


まずそれを二枚重ね。


大きな個体には三枚重ねでした。



で、今回は3個買いましたが、最後には大きな袋に3個を入れ、完璧な密封具合で水漏れ皆無でした。



これには プチ感動 しました。


どのショップさんもやってる作業はほぼ同じだと思います。


使ってる資材も大差ないと思います。


要は 気遣い だと思います。


こういう細かい部分を見ればショップのオーナー、スタッフが


どの程度生体を大事に扱っているか が手に取るようにわかります。



ご自身でヤマトの到着連絡をご覧になり、到着後にメールもいただきました。


「生体は大丈夫でしたか?問題はありませんでしたか?気がついたことはなんでもおっしゃってください。」


と。


ジャイアンさんはお一人でショップを運営されています。


仕入れ、店頭管理、WEB関係、発送など全てお一人で作業をされてると聞いています。



それでこの気遣い、気配りです。


本当に頭が下がりました。


事業を営む人間として、今回の通販購入は学ぶべき事が多くありました。


こういうプロの仕事をする職人肌の人材が欲しい・・・(笑



相当に頑固だろうから、経営者としては使いづらいだろうけど( ̄▽ ̄;)



うちの社員にももっと教育をしなくちゃいけないと猛省しきりです・・・(汗



もしこのブログをご覧になってるショップ関係の方がいらしたら、今一度こういう気遣い、気配りができているかを確認されてみてください。


非常に厳しいアクア業界、売上、利益も大事ですし、とにかく売りたいという気持ちはわかります。


が、基本が出来ていなければいずれお客は離れていきます。


画像と実物がかけ離れたもの


欠損があるのに告知しない


状態が良くないのに通知しないで発送する


適当に梱包し、ビシャビシャで届く



こんなお店は遅かれ早かれ淘汰されますよ。





猛暑日続くこの時期にも全く不安を感じない AQUALOVERSさん 、ジャイアンさん、


改めて商売の基本を再認識させられました。


今回は色々とありがとうございました<(_ _)> 




前段が長くなりましたが・・・




まずはこれ。


IMG_2298.jpg

IMG_2299.jpg

IMG_2303.jpg



ハナガサ系の個体だということですが、この色合いは本当に見たことなく、絶句でした。


しかしおいらのカメラ技術じゃ全然色が表現出来ません(汗


201208_11_36_d0221436_21171280.jpg


このお店の画像は見たまんまです。


どうやってこの写真撮ってるんですか・・・!?



続いて

IMG_2304.jpg

これももう少し黄色が強いかな・・・


最後にこれ。


IMG_2306.jpg

IMG_2308.jpg


ちょっとイメージしていた  とは違いましたが、キレイなパープルブルーのスギです。


もっと 濃紺 ロイヤルブルー のような色があればまた紹介してくだいね~


あのいわゆる 近海物 によくあるアレです(笑


2枚目のイエローがテーブルで大きいので少し詰め詰めして入海させました。



背景黒バージョン

IMG_2313_20120820100747.jpg




白バージョン

IMG_2323.jpg


画像で見るとやっぱり ボヤー っとして見えますね(汗


実物はもう少しキレイなんですけど(笑



右山

IMG_2314.jpg



左山

IMG_2319.jpg



中央

IMG_2320.jpg



水槽立ち上げから1年3ヶ月、ミドリイシを入れ始め紆余曲折を経てちょうど1年、


ここまで仕上がればまぁ ヨシ としましょ(;´▽`A``



まだまだ 伸びしろ がある方が楽しいでしょ(笑



まだまだ下手なので、もっとレイアウトに拘り、自慢出来る水槽に仕上げていきたいですね・・・


そんな水槽は 一朝一夕 では完成しないもの。自分の求める方向をじっくり考え、少しづつ完成に近付けていきます。





はじめてのジャイアンさん

09:55

ROSSO の山口社長と仲のいい AQUALOVERS のジャイアンさんこと鈴木社長。


以前からウェブサイトは拝見しておりました。


質のいいミドリイシをいつも仕入れされてて、いつかは訪ねてみたいお店の一つです。


ROSSOさんが海水を本格的に始めるにあたり、ご指南役を買って出たのが鈴木社長だと伺っております。


エビではエキスパートの山口社長も海水はサッパリリン(笑


一から教えを請うたそうです。


そんな鈴木社長のとこから初めてミドリイシがやって来ます。



明日の到着ですが、楽しみなのでショップ画像でご紹介。

ブログで紹介されたこの個体、飛びつきました。

なんとも維持の難しそうなピンクに先端イエロー(汗

ZEOの指標としてもチャレンジする価値のある個体ではないかと・・・

201208_11_36_d0221436_21171280.jpg





こちらはイエローのハナガサ系ですね。

これもいつもグリーンに変化させてしまっていたので、この色の維持にチャレンジですね。


201208_11_36_d0221436_21172349.jpg



これはブルーのスギ。

うちの水槽に欠けている色、それは 「青」 です


ROSSOさんにも

「青いミドリイシを探してね~」


とお願いしていますが、まずはジャイアンさんのとこで見つけたので買いました。

0030010004662.jpg



ピンク、イエロー、グリーン、は十分揃ってるので残りは「青」をいくつか入れていきたいですね。



ここ最近水槽の調子はいいけど、やはりZEOの影響か、淡くボヤけた感じの色合いになっています。


もっと「ビシッ」としたヴィヴィッドカラーに憧れますね~



さて添加剤をどうしたものか・・・







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。